ニュース&トピックス

平成25年度の年報「実生会年鑑」が発刊されました。

2014/08/26

お知らせ

平成25年度(2013年)の実生会年鑑が発刊されました。

昭和39年9月1日に故鈴木二郎先生が長町で脳神経外科診療を開始して今年で50年を迎えます。この節目の年にあたり、鈴木先生以前の東北大学における脳神経外科診療の歴史を、冨永教授が巻頭言としてまとめられました。東北大学における脳神経外科診療の歴史はとても古く、東北帝国大学医科大学初代学長となった山形仲藝教授が明治34年(1901年)にてんかんに対する穿頭術の初めて報告しています。

巻頭言は下よりダウンロードいただけますので、ぜひご一読ください。

(岩崎真樹)

詳細(PDF)

pagetop.gif